Heating Fllor aoki presents
快適な住まいとは何か、暖房の視点から家づくりを考えるホームページ
あたたかな家づくり
もくじ

専門家の考える快適な住まい


日本の住宅
 これだけ問題があります

...「とりあえずエアコン」のまちがい

...アルミサッシは泣いている

...カビ・ダニ発生のメカニズム

...住宅の空気汚染は死に至る


快適な住まい
 をつくる4つの秘訣

...断熱性

...気密性

...換気

...冷暖房


マンション?一戸建て?新築?改築?正しい暖房器の選び方


床暖房選びのポイント


コラム1:あなたのペットお元気ですか?

コラム2:快適温度の真実- 室温23度でも寒いのはなぜ?


トップページに戻る

このページの見方とサイトマップ
前のページへ
次のページへ
トップページへ
快適な住まいをつくる4つの秘訣
断熱性

断熱性を高める目的
四季を通じて温度の変化の激しい日本では、住宅にも外気の温度に左右されない対策が必要です。 断熱性を高めると、次のことが実現できます。

  1. 外気を遮断できる  
  2. 室内の温度差を少なくできる
  3. 結露防止に役立つ
  4. 冷暖房のエネルギーを最小化することが可能になる。


断熱性を高めるために
下の比較表をみてください。断熱材の厚さによって、熱損失量が大きく違うのがおわかりいただけると思います。

断熱タイプ 断熱厚50mm
の住宅
断熱厚10mm
の住宅
無断熱の
住宅
熱損失量
(kcal/h)
4,600 10,000 15,000
1日当たり
暖房費用(円)
400円 800円 1,330円
1冬当たり
暖房費(円)
36,000円 71,000円 119,700円

計算条件
1.室温20°C 外気0°C
2.住宅の延床面積 約50平方メートル

注)暖房は全室暖房とした。1日当たりの暖房時間は8時間とし、1冬は3ヶ月間とした。
電力費は1,000kcal当たり11円とした。

断熱性の高い住宅にするためには、下の3つの点をチェックしてください。

  1. 断熱にすぐれた素材を選択する(高価なものがよいとは限らない)
  2. 工法を選択する(外断熱・内断熱)
  3. 施工技術の高い工務店を選ぶ(未熟な工務店によっては風通しが悪くなるから止めた方が良いという者もいる)
このページの先頭に戻る

床暖部の情報をもっと知りたい方は 床暖房を実際に体験したい方は
床暖房をご家庭に 床暖房ワンダーランド
アオキ住宅機材販売(株)のページへ アオキ床暖房ショールームのホームページへ

あたたかな家づくり
Copyright (c) 2000 アオキ住宅機材販売株式会社 All rights Reserved.
tel:0426-31-1055 /mailto:info@yukadanbou.co.jp